看護師の約半分が資格を持ちながら離職している現実・・・。やっぱり家庭と仕事との両立が難しい仕事ですよね・・・。

潜在看護師という言葉を耳にした事があると思います。
看護師の資格を持つ方の約半数が、この潜在看護師なんですよ。
看護師の資格を持っているのに、看護師の仕事をしていない理由というのは、やっぱり家庭環境が影響しているんですよね。
看護師は不規則でハードな仕事なので、家庭と両立させるのは簡単ではありません。
だから、家庭や育児に専念する為に、職場を離れざるを得なくなってしまうんですよね。(? ?;
夜勤があったり残業が多かったりしたら、家庭や育児が疎かになってしまうのではないかと、
不安になってしまう方が沢山いますよね。
それに、育児に理解がある職場がまだまだ少ないので、結婚や出産をしたら退職しないといかない、
といった考えの方が多いんだと思います。

 

私が働いている職場もスタッフ不足が続いているので、いつも求人を出しているんですよ。
でも、新しい人が入ってきても、結婚や出産を期に辞めていく看護師がいるので、一向にスタッフが増える事がないんです。
どの職場も看護師不足に悩んでいると言われていますよね。
いったい、いつになったら解消するんでしょうか?
沢山いる潜在ナースの1割だけでも職場に戻る事ができたら、看護師不足が解消すると言われているんですよね。
看護師不足を解消する目的もあって、育児に対する支援体制を整えている病院も増えてきたようです。
でも、まだまだほんの一部だけで、十分だとは言えませんよね。
潜在ナースが仕事に復帰できるようになる為にも、出産しても働く事ができる職場環境が必要です。
今後、高齢化社会が進む事で、今以上に看護師の需要が増えてくると思うんです。
その時になって困る事がないように、早い時期に職場環境が改善される事を希望しています。(^^)