看護師1年目での離職率10%以上・・・。1年目って理想と現実とのギャップに苦しみますよね・・・。

看護師の離職率の高さは、他の職種以上の中でも群を抜いていますよね(;´Д`A

 

看護師は、女性が多い職種だから、結婚や出産で働き方を変えなくてはならない状況になりやすいですからね。

 

子育てと両立できる職場を選んで転職したり、専業主婦になるために離職する看護師が多いんです(^o^)

 

しかし、看護師1年目で離職するナースが多いのには、別の理由がありますよね。

 

看護師1年目での離職率が10%以上というのは、残念な結果ですね。

 

しかし、医療の現場の現状を見ると、新卒ナースが離職してしまう理由がわかる気がしますね。

 

新卒ナースの離職率の高い職場って、主に夜勤のある病棟ですね。

 

しかも、中堅ナースが少ない職場が新卒ナースの離職率も高くなります。

 

病棟勤務は、看護師の職場の中でも高度な知識や技術を要求されますよね( ;´Д`)

 

ママさんナースが働きづらいほどハードな勤務の職場は、結婚や出産による退職が多く、中堅層のナースが少なくなります。

 

中堅層のナースは、バリバリ働けますし、新しい知識をもち、新卒ナースには頼りになる存在なんですよね(^o^)

 

プリセプターもたいていは、中堅層のナースが担当しています。

 

しかし、その中堅層のナースがいない職場は、新卒ナースへの負担が大きくなるんです。

 

指導もままならない状況で、頼りになる中堅層のナースがいない職場は、新卒ナースの負担が大きいですよね( ;´Д`)

 

慣れない医療機器の取り扱いや、高度な技術にミスなどを起こしたり、新卒ナースには辛い状況になってしまいますね。

 

新卒ナースは、初めての病棟勤務に戸惑うことも沢山あります。

 

毎日のように急変やステルベンがあり、精神的な負担も相当なものです。

 

そういった中で、新卒ナースは理想と現実のギャップに悩むんですよね(。-_-。)

 

そこから、ナースとして働くことに自信を失ったり、大きな不安をもち、離職する新卒ナースが増えているのが現状なんですよね。

 

新卒で離職してしまうと、なかなか職場復帰ができませんよね。

 

せっかく取った資格なのに、病院や病棟で勤務した経験が浅いと、職場復帰も難しくなってしいます(T ^ T)

 

新卒ナースの離職率を減らすよう対策が欲しいものですね。